楽天戦5-5 イニング投球数の問題

ホークス
スポンサーリンク

小久保ヘッドも認めていたとおり、上林は、調子良かったから上げたのではなかった。

しかし、結果は上林様々の同点劇。

この勢いを今度こそ、キープして欲しい。

一方、2回の和田の投球は見ていて苦しかった。

死球とヒットを続けられ、内野安打を打たれてしまうなど、1イニングの投球回数が増えてくると、握力が落ちてきているのが明らかに。

球はうわずり、ストレートの急速が落ちてしまう。

前の打席でストレートを打たれ、スライダーを選択した鈴木には、完全に読まれてしまって決定的な4失点目。

使い方次第では、最高のパフォーマンスを出すピッチャーだから、早めに代えてあげてゲームを作って欲しかった。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました