楽天戦6-4 低めをとってくれる球審に助けられた

ホークス
スポンサーリンク

今日もし負けていたら、危険なゲーム差になっていた試合。

笠谷で何とか勝利することができて良かった。

今シーズン、完封勝ちをするなど、好調だった岸が調子を落としていて、時に甘い球が投じられてくるのですごく助かる。

打撃好調の甲斐や、ようやく本当の当たりが出てきている柳田であれば、難なく今日の岸を捉えることができていた。

ポイントは、先頭バッターへのファーボールから傷口を広げていった4回の守りだ。

いつものパターンだと、四球から投手のリズムが崩れていって失点を重ねる場面でしたけど、低めのナックルカーブ、外角に逃げていくスライダーをボールくさくてもストライクに取ってくれたので助かった。

グラシアルの走塁が、チームの積極性を生み出しているのも良い。

とにかく、今は先発投手が揃っていないので、楽天にくらいついていくしかない。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました