オリックス戦4-5 静かなスタンドの中での息詰まる9回裏

ホークス
スポンサーリンク

岩嵜の最後の投球、責められないと思った。

宗がゾーンに入っていたのではないか。

インコース低めのストレートをカットされたとき、相手の想定外だったはずのカーブもバットに当てられたときも、すごい集中力だったと思います。

その前の打者にバントをさせまいとする岩嵜の気迫も見応えがあったのですが、結果はサヨナラ。

森の離脱が響いたという試合になったことが、残念だ。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました