徳島戦2-1 山岸・金森を獲得していてよかった・・

アビスパ
スポンサーリンク

フアンマは前節でケガ。

メンデスも、試合前のアップでケガという信じられないことに。

期待していた外国人らがバタバタと試合に出られない状況になりながら、山岸と金森が良い仕事をしてくれました。

山岸は、体は大きくないのに、しっかりと前線でボールを収めてくれ、時間を作ってくれます。

金森も持ち前の運動量で、ペナルティエリア内で勝負するプレーをしてくれるので、非常に確かりました。

正直、この二人がこういう活躍の仕方をするチームになるとは、キャンプの時は想像すらしていなかったと感じています。

渡井のドリブルで再度にギャップを作られ、クロスを浴びてピンチの連続だったことと、カウエの前のスペースに走りこまれて、ロングシュートを狙われたりと、前半は完全に負けていたゲームでした。

後半になってくると、その徳島の攻撃にも慣れてきて、カウンターができるようになり、同点弾につながり、

逆転のPKは完全にラッキーとしか言えないもの。

薄氷の勝利となりましたが、降格を争う相手にアウェーで勝ち点3を奪った結果は最高なものに。

ここまで補強を進めてきたチームですから。結果がでないと、落ち込みも激しいものになるところでした。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました