篠原・木戸をバックアッパーとして契約しなくても良いほどの交渉状況なのか

アビスパ
スポンサーリンク

アビスパのために、全力で戦ってくれた鈴木・篠原・木戸には、感謝の思いしかない。

新しいクラブでの活躍を期待し、応援し続けたい。

とはいえ、彼ら3人ともに感じるのは、J1では難しだろうということ。

試合に出られないことも多かったので、厳しい言い方をすると、J2上位のクラブでの戦力でもなかったのかもしれない。

ただ、周りの選手との兼ね合いでもっと輝ける場合もあるだろうし、木戸なんかは伸びしろがまだまだあるはずだ。

大卒時に、アビスパを選んでくれた選手への思いは特別なもの。

もっともっと成長し、いずれはJ1で戦いたい。

そして、アビスパフロントのメッセージも分かった。

彼らをバックアッパーとして契約しなくてもいいほどの、高いレベルの選手と交渉中ということなんだろう。きっと。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました