長谷部監督の留任と神戸からの誘い

アビスパ
スポンサーリンク

神戸からのオファーは実際にあったと思う。

ヴィッセルの監督は、暫定という立場の三浦氏のまま。

新しい考え方と経験がある監督を探すとなれば、長谷部監督に狙いを定めることは自然なことに思える。

しかし、長谷部監督は、この職を投げ出さなかった。

条件が良い神戸に行っても、ちょっと結果が出なければ、責任を個人に押し付け、長谷部監督のキャリアに傷がつきかねない。

長期的な視点でチームを作り上げるという仕事のやりがいも、福岡の方が見いだしやすいだろう。

セランテスを切った判断に、賛否両論が渦巻いているアビサポではありますが、長谷部監督と今シーズンの優秀フロントが決断したことなので、まずはそのチーム作りを見守りたい。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました