徳島戦1-0 強みと強みがぶつかる良い試合

アビスパ
スポンサーリンク

首位のチームにダブルで勝てたこと。

来シーズン、J1で競い合うクラブに完勝した結果。

いづれも満足感を感じます。

ゲーム序盤からずっと続けられた拍手は、愛するクラブをJ1に送り出す、福岡のサッカーファンの気持ちの総意。

選手は、このファンの気持ちに応え、アグレッシブに戦っていたと思います。

徳島のポゼッションサッカーは、さすがにレベル高くて、プレスをかいくぐられるとあっという間にピンチになりました。

輪湖の背後を何度も突かれ、危ないシーンが何度もありましたが、山ノ井の落ち着いたプレーもあって失点は逃れます。

いつかは見たいと思っていた、グティエレス・グローリのコンビはさすがでしたし、

前がシュートコース防いで、ギリギリでしのぐシーンがあったりと、アビスパらしい強固な守備が目立っていました。

J2最小失点という実績は、この試合に凝縮されていましたし、後半にサイド選手を2人替えて、プレスを強める戦い方なども来年のJ1につながるアビスパのレガシーになるはずです。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました