京都戦2-0 サイドを閉めた守備、サロモンソンの落ち着いたシュート

アビスパ
スポンサーリンク

選手と同じように緊張した試合。

ヒリヒリするゲームの中で、選手がこの試合にかける気持ちを多く感じとることが出来ました。

ウタカでさえもボランチの位置まで降りてきて守備をする京都は、しっかり守ってカウンターを仕掛けようとしてきます。

アビスパは、サイドにもしっかり蓋をして自由なクロスを防ぐ形を作りますが、中央で受ける人数が少なく決定的なチャンスを作れずに厳しい時間が続きます。

相手中央のバイスが強くて跳ね返されたり、スペースを突こうとするアビスパのバスミスも多くて、もしや引き分けという苦しい展開に。

ですが、サロモンソンが素晴らしいシュートが、ゴールネットに突き刺さります。

スローインからの流れで中央からこぼれたボールを、サロモンソン落ち着いてふかさない。

ゴールネットに突き刺さった瞬間の歓喜は、昇格争いの主役であり続けられる歓喜ともなりました!

残り2試合、最後までアビスパの戦いを続けていこう!!

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました