東京V戦1-1 ボランチへのプレッシャー、遠野の決定機

アビスパ
スポンサーリンク

ボールを刈り取りに行くタイミングの意識と、

スペースに選手が走り込んで、サイドをうまく使っていこうとする流れの部分は、今も十分出来ていると思ったのですが、

ボランチへの強い当たりを受けて、パスコースが限定されたり、カットされるシーンが目立ってきたと感じます。

後半になって、オープンな展開になってくると、アビスパの方が 戦いやすくなったように見えたところから、

前半は、山岸が ボールを散らしてチャンスメイクを多くする作戦で進め、

後半はフアンマ を中心としたパワープレーが良さそうな気がします。

遠野が、抜け出したシーン。あそこで決めないと、個人的にもクラブ的にもJ1に上がれない。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました