山口戦1-0 点が入らない厳しい展開で動揺するも

アビスパ
スポンサーリンク

最下位のクラブと対戦するということもあり、どこまで選手を入れ替えてくるかということも注目ポイントでしたが、左SBに桑原を起用。

その桑原も、バテ切るまでしっかり走って、見せ場も作る活躍。

来年以降は主力になれるよう、経験を積んでいって欲しい。

アビスパが圧力を掛けると、山口のパススピードは遅くなり、何度も山口のミスを誘発。

ところが徐々にアビスパの攻撃になれていると、サロモンソンの裏を何度も突かれて、あわやという場面が多く出るように。

65分に、村上がギリギリで足に当てて防いだシーンなんかは、完全に焦りました。

点が入らない厳しい展開が続く中、見ているこちらが動揺していたところ、左CKを相手GKがハンブルして増山の足元へ。

あの密集の中から増山のシュートがゴールまで届いたことは奇跡。

今シーズンは、こういう奇跡を何度も見てきたが、堅守という選手の頑張りがあってのことだろうか。

DFの時に相手を囲い込んで奪う技術と、高さで相手のフィード跳ね返し続けたところは、アビスパ側の圧勝という感じ。

とにもかくにも1点を取り切って、勝ち点3を取りこぼさなかったことはでかい。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました