西武戦7-2 工藤監督、投手見極め中

ホークス
スポンサーリンク

柳田が相手エラーでホームまで戻ってきた初回の攻防で、チームの勢いや流れがはっきりしたというもの。

あとは、ポストシーズンの大事な場な場面で投げられるピッチャーかどうかを、はかりながら、試合を進めるといったところでしょうか。

大竹は○。

自滅しないコントロールを持ち合わせているし、西武の打者は、タイミングもあっていなかった。

目下 育成中の杉山を挟んで、嘉弥真を調整登板させたあと

泉を使ったが、彼は現状ではビハインドでイニングを稼ぐ立場か。

8回は、モイネロを使って気持ちを整えさせるかと思ったが、高橋礼を起用。

こういうところにも余裕がある。

優勝決定は、来週のロッテ戦になってしまったが、

あんまり早く決まっても、優勝セールの準備が間に合わないので、これで良かったと思う。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました