町田戦0-0 2017年と同じ失速を起こさないために

アビスパ
スポンサーリンク

連勝がストップしたことに、何かあっけなさを感じるとともに、複雑な悔しさを覚えます。

先発から、疲労が重なる前を外したのは至極当然。

連戦であっても、これまで選手間間でカバーしあってきたことをこの試合でも活かして欲しかった。

点が入らなかったのは、いくつかあったアビスパの主要得点パターンであるサロモンソンからのクロスに、今日ははまらなかったこと。

後半36分のクロスに木戸が枠に納められなかったシーン、

その後のクロスには、フアンマと重なってヘッドのコントロールができなかったプレーなどが痛かった。

こういうはまらない試合も、長いシーズンだからあるのは分かる。

ただ、2017年シーズンの終盤ように失速しないようにするためには、

試合ごとに練る分析の強化、シーズン途中から参加した選手のフィッティングが大事になってくる。

山岸が、2017年の仲川のように沈むか飛躍するかが大事な要素になるはずだ。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました