アビスパ

最終戦は、前を向いたプレーにこだわって欲しい

前節で、前川がブチ切れて蹴ったバックパス。 これがわざとだったのか、パスミスだったのかはどちらでも良く、 このプレーについて、選手同士が怒って、震い立たせるようなチームの土壌がなかったことが一番腹立たしい。 監督からも何も言及がなく、自浄作用もないのかとさえ思えた。 明日は、戦力が拮抗した相手だ。 だから、絶対に逃げるプレーを見せて欲しくない。 監督もボランチが下がりすぎず、縦のパス回...
アビスパ

久藤監督退任に思う

とんずら監督の後を継ぎ、目の前のことを処理するしかない、窮屈な采配しかできなかったと思う。 ただ、この火事場を引き受けてくれたことには感謝しかない。 それにしても、自分のアイデンティティを感じさせない監督だった。 なにを工夫したいのかはっきり分からず、自分の意見もはっきり表明しない。 受け答えが無気力に見え、モチベーターとなる指導者でもなさそう。 ワクワクさせる監督でなかったので、率直に...
アビスパ

アビスパユース出身の東家が内定

J2下位のクラブからの誘いを受けてくれた東家に感謝。 新人の誰からも決めてもらえないと思いこんでいたので、テンションが上がる。 福岡の街とクラブが好きな選手が増えて欲しい。 東海リーグ得点王の成果を持って、アビスパで大きく育って飛躍を。 (同じ日にギラヴァンツも代表歴があるいい選手を取ったみたい。 負けられないな。) ・アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。
ホークス

現役ドラフトでホークスから流出しそうな選手

先に始まっているMLBでの現役ドラフト制度では、主に以下の事項がルールになっている。 ・40人枠に入っていない選手 ・完全ウェーバー指名 ・高卒5年目 大卒社会人4年目以上 ・1人につき元球団に1000万払う ・翌年全ての試合で1軍登録 選手に出場機会を与えるための制度ですけど、このルールだと、NPBには沿わない感じで、このまま採用されそうにない。 1000万という保証金がやたら安...
ホークス

松田という男は、プロの中のプロ

サムライジャパンの中で最年長として呼ばれた松田は、先輩風など全く吹かさず チームの盛り上げ役として大いに貢献。 決勝戦では、スタメンから外れてしまったが、 率先して声を出し、ヒットが出ると、ベンチで一番声を出していた。 いい意味でバカを演じて、頭の中はクール。 休みたい時期なのに、日本の野球界のためにと一肌脱ぐ姿勢は本当に立派。 稲葉監督が、スタメンを外したことになり、申し訳ないと言っ...
ホークス

世界一のセットアップを支えたルーキー甲斐野

決勝戦の先発が山口かと、少し人材不足を気にしながら観戦を始め、初回からあの乱調ぶりを見せられたらときには、どうなることかと思いましたが、高橋礼が見事に、試合の流れを引き戻してくれました。大会を通して目立ったのは、日本の7回からの鉄壁のリリーフ陣。今日も甲斐野は無失点で締め、大会で投げた5試合で被安打無し!素晴らしかったと思います。松田は、さすがに疲れが出てしまったようですが、ホークスの選手はみんな...
アビスパ

金沢戦 0-2 選手の気持ちが切れているのをはっきり感じた

前半13分、よく見ていた加藤から、裏を抜けた城後にパス。パスのバウンドも絶妙だったのに、これを決めきれず、その後はまとまりの無い試合になってしまった。見てるこちらの気持ちも引いてしまったのは、前川がブチ切れたシーン。ボランチすら最終ラインまで引き込まれているので、選手の位置が後ろすぎる。中盤の運動量が少なく、サイドに当ててクロスの一辺倒。次第にそのパス交換の距離が遠くなりパスミスも連発。おまけに、...
Others

大牟田線の高架事業 2年延期とかありえない

春日原駅の地下にコンクリートの塊が多数見つかって、2年もの工期延長が見込まれるらしい。高架だった箇所が踏み切り化して、渋滞が続いている筑紫通りをこのままほったらかすのは許せない。少なくとも、あの車線を片側2車線で作らなかった設計がキツすぎるのではないか。・ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。 ・アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。
アビスパ

勝ち点 前半戦17 後半戦22以上

特別な補強も無く、無策な感じがする中で、意外と勝ち点を積み上げられた後半戦。 中位くらいの戦力を維持できる選手が、今のアビスパにいるということの証しであるとすれば心強い。 できるだけ早く、新しい監督と意見交換を始め、どの選手を残すのか、レンタル契約延長を申し出るのか決めて欲しい。 ただJ2下位のクラブに、率先して来ようとする監督・選手・新人は少ない。 持てる人脈をフル活用し、情熱をもって補...
ホークス

NPBでも贅沢税が必要なのか

MLBでは、年俸抑制の取り組みと戦力均等化の考え方を前提として、 システムを1996年から変えながら、 34%の課税額を全チームに均等分配する制度や 収入の高いチームに課税して、一定の規則のもと収入の低いチームに再分配するという制度を行っているそうです。 さらに、労使協定により決めた年俸総額を超えた回数によって定められた税額を支払い、 選手の福利厚生財源等にする「課徴...
タイトルとURLをコピーしました