ロッテ戦1-5 危険球がすべての試合だったけど打線も

ホークス

二保が投じたあの危険球のシーン。

バントしにくいようにインコース高めに狙いすぎて、コントロールミス。

一言で言うと、技術不足ということになってしまうのか。

代わって投げた津森には、細かいコントロールや、リスク回避の投球術を求めるのは無理な緊急登板でしたし、

満塁弾を打たれた後の投球を誉めなければならないとも思う。

それよりも打線ですよね。

2アウトからランナーをためて残塁を刻む試合展開には相当にストレスを感じます。

まだ適切な打順が見つかっていないような気もする。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }