toto助成金が無いとスポーツ界は苦しい

Others

去年販売されたtoto(スポーツ振興くじ)を財源として、本年利用される主な項目は、次のもの。

 ・国立競技場などのスポーツ施設整備 9.7億円
 ・地域スポーツ施設整備 57.2億円
 ・育成活動 18.2億円
 ・スポーツ団体活動(ドーピング対策) 30.8億円
 ・国際競技大会開催 6.3億円
 ・東京オリンピック関連 22億円

toto助成ありきで施設整備や大会を開催する事案が多くありそうで、来年の事業予算化が相当苦しくなりそう。

昨年度は、2年ぶりに売り上げが1000億円を下回ったので、1等の上限が2倍の12億円となる「MEGA BIG」なる商品も企画されていたらしい。

意地でも事業費を引っ張ってこようとしていたことの表れとも感じます。

昨年末に完成した国立競技場の総工費1150万の内、約850億円はくじの売り上げから支払われることになっていたんだそう。

オリンピックは延期になるは、そのメイン競技場の工費も払えなくなるんじゃ相当厳しい。





ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }