アビスパ2年連続減収、4年連続入場収入減

アビスパ

アビスパ福岡 観客数・売上高・入場料収入・人件費の推移 を更新しました。

昨年度の売上高は、1,577百万円

最もよかった2017年度の売上高1,979百万円に比べると、20.4%もの減となっているので痛い。

減収となった要因は、

・J2に数年とどまったことによるクラブの魅力減とスポンサー離れ

・ラグビーワールドカップ開催の影響で代替地での開催

・突然の監督の交代などクラブ運営の失敗

・成績の低迷、シーズン終盤の盛り上がり不足

こういったものが考えられます。

今シーズンはこのじり貧状況を脱却するための「大改革」を進め、

実績のある日本人監督を元に、チーム補強を進めたうえで、招待チケットの廃止や入場料の値上げなど攻めの経営を行おうと進めてきました。

しかしながら今シーズンは、さらに厳しい経営状況になりそうです。

あまり経営体力もない状況にも見えますので、心配しています。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }