2024年に完成する福ビル・コア・ビブレ一帯開発プロジェクト

Others
スポンサーリンク

地上19階・地下4階というビックスケール。

航空法により、アイランドシティ以外では、高層ビルを見かけない福岡市民にとって、シンボリックなビルになりそうです。

高さは、96メートル。

リッツ・カールトンが入る大名のビルは111メートルなので、それには負けますが、

天神交差点に建つこのビルが、福岡の象徴的なビルになるでしょう。

下層商業ゾーンには、イオンモールが入り、ビブレの流れを踏襲。

地下階一部飲食ゾーン、「ヘルス&ウエルネス」をコンセプトとしたスーパーマーケットを含む食物販ゾーンを予定している。

4階までは、これまでのコアと同様に、若者向けの最新ファッションを取り扱うお店が入り賑わうでしょう。

5階と6階には、ビジネスエリアのエントランスとホテルロビーが入り、天神交差点を一望できるはず。

九州最大のスカイロビーになるこのエリアまでは、庶民でも入れるだろうか。

ここに入るカフェからの眺めは最高なものになるでしょうし、ここに設置される会議室のクオリティもかなり高いものになるはず。

17階までのオフィスビルには、西鉄はもちろん、福岡一の立地にある事務スペースとして、世界規模の会社が入ってくるはず。

きっとグレートな賃料が設定されるので地元企業は厳しいかも。

月額坪単価30,000円くらいするのかなぁ。。

そして、最上階には高級ホテルが参入確実。

外国のお客様を迎えるためのハイクオリティな部屋が準備されるでしょうね。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました