鹿児島戦 2-1 城後らしい得点、ラストの4バック

アビスパ

知った顔がが多くいる鹿児島を相手にして、厳しい結果を与えることになってしまった最終戦。

落ちる落ちないのドキドキを感じながらのゲームでしたが、この緊張感をJ1に上がるために感じたかった。

それにしても、城後の先制点は彼らしいものだった。

實藤の鋭いクロスに対して、相手DFと競りながらもちゃんと枠内に入れていける。

前半は城後のみで、後半は高さもあり守備もする外国人CFで戦えたら、もっと得点力が増えそうなチームだと思う。

そして今日も、右サイドバックの石原は全力で上がって推進力を維持。

対する左はどうしたものか。

輪湖すら石原にパスして前を向かせているようじゃあ話しにならない。

後半になってオープンな展開になると、ゲームは「受け身モード」全開になる。

この左右のバランスの悪さを良く見て、オフの補強を進めて欲しい。

久藤監督、お疲れ様でした。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }