金沢戦 0-2 選手の気持ちが切れているのをはっきり感じた

アビスパ

前半13分、よく見ていた加藤から、裏を抜けた城後にパス。

パスのバウンドも絶妙だったのに、これを決めきれず、その後はまとまりの無い試合になってしまった。

見てるこちらの気持ちも引いてしまったのは、前川がブチ切れたシーン。

ボランチすら最終ラインまで引き込まれているので、選手の位置が後ろすぎる。

中盤の運動量が少なく、サイドに当ててクロスの一辺倒。

次第にそのパス交換の距離が遠くなりパスミスも連発。

おまけに、流れが悪い状況で試合を進める中で、各選手のイライラも見える始末。

選手の気持ちの距離まで遠くなっているのに、どうやってこのクラブを応援しろというのか。

残り2分でミコルタとか、なんなの?

2点負けてるに時間稼ぎなの。

今シーズン、監督の采配に、感銘を受けたことが一度もなかったと思う。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }