日本S 巨人戦 6-2 中継ぎ・代打・采配、いろんなことが優っている

ホークス

先発したバンデンハークの出来はイマイチ。

カーブが入るようになったのは4回から。

ナックルカーブの制球も微妙。

今日の出来で100球まで投げさせていたらなら、6回4失点くらいの内容だったか。

それにしても、巨人の先発は、シリーズ3番手の内容ではない。

球は浮いているし、逃げの気持ちが垣間見える弱々しいピッチング。

3回に川島へ四球を出すと、今宮からは腕が縮こまっていた。

巨人の投手リレーは、戸郷ではなく、中川を先に持ってきて、流れを渡さない策を取るべきではなかったか。

一方のホークスベンチは、4回に代打策を講じる積極采配もはまり、ベンチワークにも差が出てしまっています。

またも生じた巨人のエラーやリトルリーグで見るような暴走を見ると、日本シリーズの質を落とすようで興ざめしたところがあったのですが、

石川の完璧なリリーフで試合が締まりました。

正直、戦力差を感じる3試合なのですが、この展開から4連敗がありえるのが日本シリーズ。

仮に、菅野と対峙して負けたとしても焦ってはいけない。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへ

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }