日本S 巨人戦 7-2 勢い付ける1番牧原の攻守

ホークス

千賀の落ち着きとメリハリある投球が見事。

阿部に先制弾を打たれても、動揺したのは次のバッターまで。

空振りを取るために大きく曲げるフォークと、目先を変える小さく曲がるフォークを使い分け、

力まずに淡々と投げ切れる精神的な強さも増しているように思える。

山口もいいピッチャー。

柳田は落ちる球に全く合ってなかった。

短期決戦の鬼、工藤監督の判断が良かったのは7回に周東を代走に出したところ。

早めの起用で勝負をかけたこのあとに、内川がバントを失敗するも、超スピードで周東がサードを落とし入れます。

1点を取りに行く采配が効きまくったこのチャンス。

牧原が3打席以降で合わせてきたし、そのままの勢いでファインプレーも。

この短期決戦は、1番バッターが機能するのでとても助かる。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }