岐阜戦 2-0 現実的な攻撃の形

アビスパ


新戦力が効いていました。

加藤の運動量によって、相手の攻撃を潰すことができる位置で守ることが出来ていて、

それによって惇にも余裕が生まれ、相乗効果が出ています。

山田の積極的なパスもいい。

彼がいないときにはなかった攻撃のアクセントを何度も見ることができて、心強く感じました。

この日の相手が岐阜だったからうまくいったのかもしれませんが、

チームとして意図していたサイドチェンジや裏へのパスが、選手に意識づけられていて、

守備のギャップを作ることができていたと思います。

ようやく、J3降格の危機を脱せそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました