日ハム戦6-3 珍しく1番2番が機能

ホークス

[quads id=1]


金子弌大は、ずいぶん年取ったピッチングになってしまったものだ。

昔の球威とコントロールは無く、身を引く準備が必要なのかもしれません。

その金子を初回からつかまえられたのは、

珍しくホークスの1番2番が機能したから。

牧原の積極的打法は、状態が落ちている投手相手だと効果的だね。

それがなんだかんだで、石井の送球ミスも誘って、勝ちに直結しました。

先発したミランダは、左打者への制球が抜群。

いつのまにか下降線となっていた日ハム打線にも助かりました。

いつもいやらしい働きをされる近藤の状態が特に悪く、中軸の前でプッツリ切れてましたから。。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました