日ハム戦2-3 打線は下降線。栗山監督の積極策で後手に

ホークス

[quads id=1]


7ゲーム差で独走だと余裕ぶっこいていたら、

2位の日ハムに3タテくらいそうな状況に。。

初回にポンポンと一発が出たところまでは、今年のホークスの勝ちパターンだったんですよ。

二保も期待どおりのピッチングでしたし、中押しの点を取れれば、いつもの勝ちにつなげられたと思います。

ですが、打てない。

スタメンを外した内川はもちろん、デスパイネも打てるポイントが狭くなってきて厳しい。

牧原は、素晴らしい先制打だったし、ファインプレーもあった。

しかし、結局 エラーが敗戦につながっちゃたので、もってない。

そして、栗山監督の積極的な投手交代策にもやられたな。

明日は、有原だから余裕があるんだろう。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました