西武戦8-7 上林の同点弾に救われた

ホークス

[quads id=1]


45,000人が立ち上がって吠えた「熱男~」コールで決めるべきゲームでした。

完勝して当然のような試合展開だったのですが、2つの問題で流れが反転します。

一つはミランダの手に打球が当たり、チェンジアップが投げられなくなったこと。

もう一つは、武田翔太の連続四球。ロングしか適性ポジションがなくなっている彼にとって、1イニングすら抑えられないとなるとファーム落ちもやむなしと感じます。

延長を投げた松田は、逆に立派でした。

内容的にはギリギリでしたけど、気持ちを切らさない精神力を感じました。

それにしても9回の上林の起死回生の一発。

それと12回の内川の右打ち。

ホント、彼らに救われた試合でした。

にほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクホークスへソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }