久藤と北野両監督 試合後のコメントだけでも質の差が明らか

アビスパ

[quads id=1]

Q:試合を振り返って

(福岡:久藤監督)
「たくさんのサポーターの前で、また勝点3をプレゼントできなかったことを、すごく申し訳なく思います。失点の場面、あとは試合の入りですね。入りが少し悪かったなという印象と、失点の場面は、少し軽いプレーが続いてしまったなという印象です。後半に入って2トップにして攻撃をしにいったんですけれども、追いつけなかったなという印象です」

Q:福岡のWBに対する両SBのポジションが非常に良かった印象があります。その辺りはどのようにされていたのでしょうか?

(岐阜:北野監督)
「それはこの前も言ったけれども企業秘密なので。4-4-2のサイドをどうやって破ってくるのかというのをスカウティングの映像で何回か見て、じゃあ、うちがどういうふうにサイドに持っていって、そこのスライドを誰が行くかというようなトレーニングですよね。それ以上は言えません、まだ試合が半分あるので。なかなか本が書けるくらい論理的に選手に説明してやっています」

降格してクラブが長期低迷するかもしれないという大事な試合で、

気持ちを見せない我がクラブの監督。

試合中も、選手を鼓舞する様子もなく、それでいて智将さも無く、選手は付いていくのでしょうか。

低予算の組織の中でも、工夫を重ねていた北野監督との技量の差が、

試合後のコメントだけ見てもこれだけ明らか。

輪湖と石原がいくら上がってもなかなか攻め手を作れなかった昨日の試合は、完全にスカウティングで対策されていたと思います。

この三國の一発ディフェンス、足元弱いし、体幹もプロCFのレベルに達していない。

にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へアビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

・この記事を読んでいる方は、以下の記事もお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました