ホークス

スポンサーリンク
ホークス

広島戦5−3 近藤ってすごい選手だよ

和田が投げる軌道は、初見では難しい。なので交流戦では、和田の強みが大きく出ると思います。初回に、小園らに粘られましたけど、ここで四球崩れないことが大きかった。近藤と柳町の活躍が大きかった試合でしたが、中村晃に強い打球が出て良かった。中村晃は、柳田の離脱により出番が増えてくるはず。逆にケガがなかったら、柳町代打で使い始めて出番は減っていたはずだ。フェルナンデスは、今日の登板だけで信用は変わらない。多...
ホークス

広島戦2−0 小久保監督が言う、新たな佐藤直樹

柳田がケガしたから、佐藤直樹が支配下登録された、 柳田が怪我しなかったら、支配下登録されなかった。 すごくドラマチックなことだ。 そして、この決定がなされれば、朝一で移動させてでも1軍の試合に呼び戻されるというプロの世界って、広いようで狭い。 それと、今シーズンは異常に左投手に弱いというチーム事情がこの決断を生みました。 佐藤直樹は、運も良いということです。 ...
ホークス

広島戦2-1 余裕が全くないチーム状況 

大瀬良もいい投手だ。 打線の状態が落ちている今のホークス打線では、連打することは苦しい。 初回に、川村からもう一本でなくて、苦しい試合展開になった。 7回の三盗で得点が入らないことに、チーム状態が表れている。今の状態を打破するために送り込んでいる柳町が、3ボールから三振してしまったことがきつい。 最終的には、モイネロと松本の奮闘により勝てたわけですが、チーム状態は危機的な状...
スポンサーリンク
ホークス

巨人戦5−6 狙われた東浜の単調な投球

高橋礼が、ファーボールで崩れたところを狙い打って序盤で点を取り、この連戦を勝ち越すという、ゲーム前のイメージ通りに試合は進んでいました。 しかし、あの東浜の単調なピッチングには参ってしまいます。 ストレートは打ち頃のベルト付近の高さで、空振りが取れないから分かりやすいカウントでシンカーを投げて狙われる最悪パターン。 巨人はほとんど長打がないのに、可能性がある二人の打者にあんな甘...
ホークス

巨人戦0−1 小久保監督よ、そろそろ動け

疲れた、 選手はもっともっと疲れたはず。 小久保監督自身が、はっきり話しているとおり、1番の周東の出来が、チームの得点力に直結している。 まずここを改善しないと、点が入らない。 さらには、3番の柳田まで調子を落としているから、まともな打線にならない。 そしてこういうチーム状況のときに、廣瀨を2試合連続で育成目的で使った。 育成を大事にする考え方自体は、小久保監...
ホークス

巨人戦2-0 王貞治DAYを勝利で飾ったことが意義深い

読売巨人が企画した王貞治DAYという素晴らしい企画を、ホークス戦に合わせて実施してもらったことに敬意を表したいです。 そして、この大事な試合を最高の投手リレーで勝ち切ったホークスナインにあっぱれです。 6回の大ピンチを抑えた有原がすごかった。 無理しないけど落ち着いているという感じ。 岡本には絶対に甘いとこに投げないという意思を持って 無理せずフォアボールでかわして、次の打者には力むことな...
ホークス

ロッテ戦1-7 相手は良いゲームをしてくる

ライトから、隙なくランナーを刺しにいくプレー、送りバントではなく、自分も生きる絶妙な送りバント、特徴ある各投手が次々に繰り出してくるブルペンデーの策、相手は、良いゲームの流れを作ってくるものだと感心してしまう。ゲームのポイントは、中村晃の代打策だった。今月 調子が良い甲斐を変えて、中村晃勝負と判断したのは、ミスっていないか。それと川村バント。下手と分かってベンチがサインを送っていることは知っている...
ホークス

ロッテ戦0-2 リチャードの怠慢走塁

メルセデスが投げる低めのボールになるスライダーがすばらしすぎた。 インコースのストレートで体も起こさせられるし、どうにも対処しづらかった。 反対方向へ合わせるバッティングを試みて欲しかったが、ホークスの各バッターとも今は調子が良いのでなかなかに厳しかったか。 8回に、リチャードがその右打ちをうまく放ったのだが、怠慢走塁でシングルヒット止まり。これがゲッツーにつながるのだからたまらない。 監...
ホークス

ロッテ戦1−3 リチャードは 小久保監督から冷遇されていない

回が進むにつれ、だんだんとコントロールが良くなっていた佐々木朗希を打ち崩すことは困難だった。 ただ 初回は球が浮いてました。先制点を取りその後のリチャードが捉えることができていれば勝てる試合でしたが、外角の変化球に手が出てしまい、あっさり三振。 他の打席ではいいところもあったんですけど、この初回のあっさりさがまずかったですね。 負けましたけど 中継ぎを無駄に使わなかったですしね...
ホークス

日ハムが優勝のために佐々木朗希をトレードで獲得する案

真偽は怪しいものだが、検討されていてもおかしくない話しだと思いました。 日ハムの若手の選手が結果を出し、優勝に手が届く可能性がある今シーズンに勝負をかけ、今シーズンオフのポスティングを確約したうえで、佐々木朗希をトレードで獲得。 そして、鈴木健矢投手(26) 、山本拓実投手(24)、矢澤宏太投手(23)と佐々木朗希投手(22)を差し出すという仰天策だ。 MLBでは普通にあり得る...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました