ホークス

スポンサーリンク
ホークス

阪神戦2−0 若手起用がうまく行き過ぎる

小久保監督としては、去年まで見てきた若い野手を躊躇なく抜擢し、1軍で結果を出せことを見極められて万感の思いでしょう。 去年までのチーム事情としては、若手野手を使いたくても選手がいない、使っても目立たないというというさみしい状態が続いていただけに、なんとも嬉しいことだ。 川村だけが優遇されて使われるのではなかなく、可能性がある若手を随時抜擢使できる決断力がすごい。 今日の勝ち方は...
ホークス

ヤクルト戦3−9 近藤の負傷具合が気になる

大津は、初回から球が浮いていて、なんかおかしかったように見えました。 この初回のピンチで村上に粘られながらギリギリ抑えたあとに、調子が戻るかと思いきや、甘い球が2回以降も続いてまさかの大量失点。 大津みたいに、変化球が多い投手は、初対戦のセリーグチームに通用するはずだったのですが、ここまでコントロールが悪いとね。 逆に初物に弱いのはホークス打線という状態。 明らかに状態が...
ホークス

ヤクルト戦4−2  3回り目でやっと合う

吉村の変則的な足の上げ方に相当苦労したと思います。 最後まで押し切られるかと思いましたが、3回り目になった7回の攻撃で、今宮が落ちる球を拾って、先頭バッターとして出塁したことがまず素晴らしい。 ここからセットボジションになって、ホークスの打線が対応できるようになりました。 山川も、最初の打席でやられた落ちる球を見切ってタイムリー。 ここで逆転すれば、有原から松本への黄金リ...
スポンサーリンク
ホークス

DeNA戦5−8 和田のせいというか、4番の差

初回の和田は、ストレートを信じすぎたように見えました。 去年より球威落ちているストレートが、通用せずに大量失点。 今シーズンは、先発がこんなふうに序盤で崩れることが少ないので、かなり残念な結果に。 ただ、相手もローテーション谷間。 打ち勝ってゲームを拾いたいところだが、こちらの4番打者は、とにかく確実性が足りない。 押せ押せの6回のチャンスで前に飛ばせないという結果...
ホークス

DeNA戦5−3 筒香に投げた最後のカーブ

スチュワートに勝ちがつかなくてすごく残念。 いつも通りに球威で押していくピッチングで、四球を挟みながらも、気持ちを切らさずにゼロで抑えたナイスピッチングでした。 最後は、コーチから歩かせても良いと伝達されていたはずなのに、2球で追い込んでからの、意表をついたカーブが見事でした。 想定外だったのは、松本の投球というよりは中村晃のエラー。 あそこまで守備固めをしてしま...
ホークス

DeNA戦10−1 甲斐は森唯斗が得意ということ以上に

森唯斗と対戦したくなかった。 そもそも、古巣と対戦させてやろうみたいな風潮がたまらない。 野球という競技では、古巣と対戦させる仕掛けがうまくいくことのほうが少ないと思う。 森が初回を3人で抑えたあと、すごくいい感じかなと思っていましたが、2回からは球威がなくて、各バッターが振り切るシーンが多数。 シンカーもストレートもファールになることが少なくて、外野の間に飛ばせてしまう...
ホークス

中日戦0−3 4番打者は近藤じゃないかなと思うんだけど

5回と6回の中盤で点が取れないことが全てだった。 出したランナーをもう少し大事に使いたかった。投手戦なのだから。 打線の中で一人だけ打球のスピードが違う 打者が5番にいる。近藤がランナーを返すことをイメージできる打線を組みたい。 試合の中で一番 爽快だったのは 杉山の投球。持ち味の球の強さをある程度活かしたまままコントロールに注意して投げるこの投球術は素晴らしい。 ...
ホークス

中日戦5−1 逆方向へのナイスバッティング

無理をしない逆方向への上手い バッティングでの連打。 打撃コーチ から 明確な指示が出ていたでしょうか。 一気集中で試合を決めることができ 先発投手もここから余裕ができて、結果快勝となりました。 セカンド問題を廣瀨が、完全に解決できるとは思っていませんが、監督の寛容な起用続き、当てるだけのバッティングからは脱却してるようです。 もっと大きな問題は、3番4番打者ですよ。ふた...
ホークス

中日戦3−2 甲斐 柳町 今宮のつながり

打線が活発でない状態であるにもかかわらず 投手が踏ん張ってくれて勝ちを拾う試合が続いている。 もうちょっと山川が打ってくれると助かるのだが、みんなが打てない日は山川も打たないので困ってしまう。 今日は1安打だけだったが、甲斐の粘り強いバッティングが先制点につながった。 無茶振りすることなく 変化球に合わせて コンパクトなスイングができているのが心強い。 打てない 打てない...
ホークス

みんなでホークス月間MVPを決めよう

5月は、13勝9敗と4つ勝ち越し。 1か月間のチーム防御率が1.91というから、相変わらず投手力で勝ちを積み上げました。 QS率は72.73%もあり先発陣も安定、そして1点を取られていない中継ぎピッチャーが二人もいるというすごい状況です。 打線が大爆発した試合もあった5月のホークスの戦いぶりを振り返り、もっとも印象に残った選手は誰でしたでしょうか。 みなさんの意見を聞かせてください。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました