CSロッテ戦4-3 外角の主審判定、唐川の躊躇無い起用

ホークス
スポンサーリンク

千賀は2失点してしまいましたけど、エースらしい さすがのピッチング。

ちょっと浮いたフォークと、ちょっと逆球になったスライダーの2球が失点につながりましたけど、7回までの堂々たるピッチングで信頼できる内容でした。

点差を広げられた後の5回の攻撃。

中村に投じられた外角への2球がいずれもボールの軌道でストライクの判定。

今日は、外のボールの判定が甘くて、晃が苦しめられます。

こういう厳しい展開でしたけど、次の6回のチャンスの場面で、唐川を早くも起用するロッテベンチの策。

これが、ポストシーズン独特の戦い方で、野球の楽しみを感じるゾクゾクするものを感じます。

逆転したのは、相手エラーだったり内野安打だったりというラッキーさもありましたが、

無駄な四球を相手に与えず、ホークスの強みである 強力投手陣をもってすれば、負けないゲームに持って行けたものだと感じました。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました