松本戦0-1 前に対する対策

アビスパ
スポンサーリンク

前半にあった増山の1対1を決めきって、無理やり無失点に抑えて勝つというのが今シーズンの勝ちパターンなのでしょうが、どうにもこうにも、アビスパの強みを打ち出せる時間が短すぎた。

序盤は、相手サイド裏を突いてフリーのクロスを上げられるシーンが多かったものの、今日のサロモンソンのクロスの精度はイマイチ。

中盤のパス回しのフィニッシュをサロモンソンに任せようとみんなが動いているので、彼のクロスが良くないと決定機につながらない。

前に対する対策をここ数試合で取られているよう。

中盤でギャップ作るパスが少なく、選手はデュアルの戦いを望んでばかり。

密集したプレーが多くで、フアンマも力を出せないまま。

パワープレーの三國は、競れないからチャンスを作れず。

三國を後ろに置いて、上島を上げた方がいいのかもしれない。

あーーーー!悔しい、

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました