山形戦1-0 前が戻って2連勝か

アビスパ
スポンサーリンク

長谷部監督が、試合中に「個人で動かない!連携」と大声を出してましたが、

この試合を見終えた自分の印象も、

アビスパの選手は個人の力で縦に運ぼうとしていたのに対して

山形の選手は、上下左右にパスを早く動かして、ギャップを作ろうとする、うまいサッカーをしていたと感じました。

ゼロで抑えきったのは、ディフェンダーが最後の最後で足を出せた集中力と

セランテスの神セーブの連発のおかげ。

前に出て、シュートストップに走るタイミングもバッチリだったと思います。

それと、ソロモンソンからのアシストにつながる前のパス。

吠えちゃいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました