日ハム戦8-5 一人の選手の参加がチームを最強にする

ホークス
スポンサーリンク

チームの「戦力パーツ」とその結果を式に当てはめると、

シーズンの最序盤は、

「盤石のリリーフ」+「柳田」=勝率5分の成績

その後、晃が戻ってきて、

「盤石のリリーフ」+「柳田」+「晃」=首位争いができる成績

そして、グラシアルが戻ってきてくれると

「盤石のリリーフ」+「柳田」+「晃」+「グラシアル」=チーム8連勝

という式が成立しているように見えます。

今日の試合について書けば、

ゲームの流れとして、1回裏に点差を縮められた柳田の2ランも大きかったのですが、

3回のグラシアルによる1点差に迫るタイムリーヒットが大きかったと思う。

バンヘーゲンの変化球にあっていなかったけれども、強くバットに当てて、内野手の間を抜く技術がすごかった。

今日の見事な逆転勝ちでロッテと3ゲーム差。

優勝というゴールが少し見えてきました。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました