新潟戦0-1 攻撃の形が何も見えない

アビスパ
スポンサーリンク

新潟コンパクトな陣形、そして縦への動き出しの速さ、

こういうサッカーをアビスパもやりたかったのかなと思いました。

こうも攻撃の形を作ることができないというのは、長谷部監督の戦術そのものから疑いたくもなります。

前半の飲水タイムの時に指示を受けた新潟側はよりコンパクト陣形に変わって、アビスパのパスが通らなくなりましたし、戦い方の部分で負けていました。

しかし、補強の目玉だった選手がことごとく出場できない状況が、試合内容に直結しているのも事実。

大事なボランチのポジションは、昨年よりレベルダウンしているのに、攻撃の形を作れと言っても難しいのでしょう。

中盤で奪われたあとの本間のドリブル、ああいう早い攻撃を自チームでも見たいものだ。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました