日ハム戦9-1 エンドランを仕掛けたベンチの余裕

ホークス
スポンサーリンク

初回の大量得点。

周東が足を活かしてヒットで出ると、ベンチは続く中村にエンドランの指示を出します。

ここに、ベンチの余裕を感じるんですよね。

グラシアルと松田の調子が上がってきていて、柳田以外でも点を取れるようになってきた打線、

そして中村晃ヘの信頼感、

初回から攻めたベンチの姿勢に晃もみごとに応え、その後も打者一巡の猛攻。

こういう戦い方をシーズン前半では全く見ることができなかったので、チームの戦力増を感じてしまいます。

大量リードを受けてることになった武田翔太に対する真の評価はできないですけど、

7回まで投げきったことは立派。

武田を一度落としてリフレッシュさせてもよいほど、頭数も揃ってきた。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました