ロッテ戦6-4 川瀬に注目

ホークス
スポンサーリンク

監督は、いろいろ考えて打線をいじくってはいるものの、

結局のことろ、得点が入るパターンは、「柳田の前にランナーを置くかどうか」。

柳田は長打が多いので、1塁ランナーだけでも良い。

そうなってくると、打線の体裁とか関係なく、柳田の前に中村晃をくっつけてしまえという発想になり、今日の試合もそれが功を奏したと思います。

次にショートを守る9番バッターの話題。

今宮のケガの回復は、日本シリーズまで待たなければならない状況で、

ショートを守る川瀬に、シーズン後半戦の命運がかかっていると言っても言い過ぎではない。

初打席は、リクエストにより惜しくもタイムリーを逃したものの、ファールでクサイ球をファールしたりして持ち味を出しつつありそう。

2打席目もきれいなライト前で出塁して松田の一発で得点に貢献。

3打席目は、チャンスで四球を選択。

この調子で、今シーズンは経験を積みながら、攻守の確実性を高めていって欲しい。

今宮だって最初は、守備専の選手でしたから。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました