ロッテ戦3-7 千葉マリンの相性問題ではない

ホークス
スポンサーリンク

5人の投手をつないで、相手に与えた四死球はなんと「10」。

こんな調子でポンポンランナーを出していれば、流れがこちらに向くわけがないし、失点を重ねるのは至極当然。

東浜は指の影響がまだ残っているのでしょうか。シンカーのコントロールがひどすぎ。

1回ローテを飛ばして調整させたいけど、替わりがいるかといえば厳しい。

もっと再調整させたいのは高橋礼。

同点に追いついた直後の投球で、2アウトから連続四死球をきっかけに失点するとか、敗因になるに決まっている。

ロッテが8月に単独首位になるのは50年ぶりという、ある意味奇跡を生み出しているのは、ホークスの雑な野球におかげである。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました