松本戦0-1 前と重廣がいないことで攻撃のパターンが単調

アビスパ
スポンサーリンク

今シーズンは下位に沈んでいる松本。

見てみたらなるほどという感じで、中盤のパスミスが多くて、選手スキルはしたという感じでした。

だけれども勝てない。今シーズンの終戦を意味する結果を受け入れることには時間がかかりました。

前述のとおり、相手のミスから全線で奪うことも多くて、ここを起点にしてチャンスを作り続ければ複数得点のチャンスもあったはず。

中央からの攻撃はフアンマに当てる攻撃パターンの一択になっていて、バイタルエリアでもらって縦移動と横移動を早く展開できる選手が皆無。

惇も疲れからかミスパスが見だってましたし、左足に持ちかえるところでスピードが一回無くなるのがどうしても気になる。

後半30分くらいから増山が相手DFの間のスペースを突いて縦に攻撃を仕掛けてきたところから、アビスパの選手たちの個の強さを活かしてシュートまで持っていけなかったこと。

というか、フアンマが塚川からインターセプトしての1対1を決めきれないと、どうしようもないなと思う。長谷部監督のお許しが出た久しぶりの出場だったのに、痛恨のミスだったのではないか。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました