甲府戦2-2 アビスパの目指す戦い方ではない

アビスパ
スポンサーリンク

また三國に助けられた。

そして、負けなくて良かった。本当にその言葉しか出てこない。

前半の30分くらいから、相手8番の新井を捕まえられなくなり、

上がっているサイドバックの選手に、大きく展開されて防戦ばかりに。

対してアビスパ本当にやりたかった早い攻撃がなかなかできない。

遠野と北島に縦パスが出て、早く攻撃できたシーンも何回かあったが、

ボランチからのテンポの悪いパスが多くてすごく残念。

パスの出しどころが無く、惇がこねているプレーや、田邉を見ているとまるで去年に戻ったよう。

前と、監督から反省させられている途中のそうなフアンマはともかく、

菊池、福満、重廣、石津、グローリがベンチにも入れないチーム状況の真実を知りたい。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました