西武戦5-4 「1番バッター周東」がジワリ効く

ホークス
スポンサーリンク

ニールに勝ってしまった。

序盤のニールは、いつも通りにブレ球を活かしてきて、内野ゴロを連発。

今日も連打は厳しいのかなと見ていたのですが、甲斐の変な内野安打で流れが変わり、

ニールのコントロールが少し甘くなってきたところを、ホークス自慢の3番4番打者が捉えて、複数得点を取り切ったことで勝てた試合でした。

甲斐をランナーに置き、打席に立った周東が、この試合初めてというくらいに、バットの芯に当てて、きれいなセンター前を放ったことで、ホークスの中軸を前に、ニールに対するプレッシャーを与えることに成功したことが大きかったと思います。

足も速いし、長打もある。

そして今日のチャンスメークと、1番打者としての最低限の仕事ができているので、打線が回り始めているのが、最近の勝ち越しにつながっている要因の一つ。

将来的には、1番栗原・2番周東で固定できれば、足があって、打線にインパクトを作れる、良い形になりそうです。

明石の一発には、味方もビックリだったと思うのですが、

西武は、ちょっとニールを引っ張りすぎたのかとも感じました。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました