西武戦4-2 1番周東と若返った和田

ホークス
スポンサーリンク

ここ数試合、周東を上位の打順で起用しているが、

彼のスタメンが、妥協や消去法ではなくなってきていると最近感じるようになってきました。

強く振り切って、打球を外野まで飛ばし、2塁打以上のヒットでチャンスメークする。

初回の3塁打のあと、西武の内野守備が、失点やむなしと試合の最初から受け身になっていたので、

ゲームの流れがホークスに流れっぱなしになったように感じました。

そして和田なんですけど、投球フォームを模索しているのが功を奏したのか、

今日は直球が抜群に良くなっていた。

なんで今日だけ、140km後半の速球が投げられるの?

西武の各打者が詰まっていて、若々しいピッチングにびっくりです。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました