日ハム戦4-1 バレもひどいが、中田はそれ以上だった

ホークス
スポンサーリンク

初回の有原は、チェンジアップのコントロールが抜群。

アウトコースにストンと落とされたらどうしようもない感じでした。

しかし、2回くらいから球が浮き始め、3回に周東が出てチャンスメーク。

ここで、2020年のホークスの2大得点パターンが出現。

「今宮が出て、柳田が返す」

「柳田が出塁して、中村晃が打つ」

これで逆転。

この2大パターン以外のパターンがあまり起こらないことも問題なのですけど。

東浜は2回くらいから、ストレートの伸びが急に良くなって有原をも圧倒する内容に。

この連戦で絶不調な中田を、初回のピンチでゲッツーで抑えたのが、今日のゲームのポイントだったと思います。

周東の好プレー、栗原の引っ張ってのホームラン、楽しめた試合でした!

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました