徳島戦1-0 上島の体の強さ&重廣のすごい運動量

アビスパ
スポンサーリンク

磐田戦とはサッカーの内容が大きく変わったゲームに。

トップに城後を起用して、ボールをつないでくる徳島の前線のパスの出し手にプレッシャーをかけに行きます。

徳島は、DFの3人が横パスを回したのちに、高い位置に張りっぱなしの位置にいるサイドの選手にボールを当てて、中盤のズレを狙って勝負に来ます。

そこを、アビスパの組織的な守備で仕事をさせません。

福満・増山ともに、しっかり体を寄せ、常にスライディングでボールを奪いに行きます。

前半は、中盤での奪取が続き、今シーズンの戦い方を象徴したようなプレッシングができていたと思います。

後半からになっても、間延びを居力減らした守備ができていたのですが、特に重廣の運動量が半端なかったです。

え?そんな高い位置でもプレッシャーをかけてくれているの?というシーンが何度も見られ、

高い位置でパスの出し手を封じているので、前節大活躍していた垣田に適切なボールが届いていませんでした。

これで、6位!。

こういう順位は久しぶりなので、なんかニヤニヤしてしまいます。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました