楽天戦6-1 どうした?!石川柊太

ホークス
スポンサーリンク

石川が先頭打者を高めのストレートで三振に切ってビビりました。

楽天打線1巡目のほとんどのバッターを三振にしとめるというとんでもないピッチング内容。

ストレート伸びがあるし、スライダーは縦に鋭く落ちて、バットに当てさせません。

2巡目の浅村ヒットを打たれて、セットポジションになり、少し変化球が乱れ始めますが、

そういうちょっとの変化くらいでは、楽天打線に的を絞らせない、最高のピッチングに。

初回を3者三振に終わらせたとき、ベンチの松田から「4分で終わらせたぞ!」と声がでてましたが、

これくらい小気味の良いピッチングだと打線も勢い付きやすいはずだ。

柳田の変態的ホームランで先制すると、強いときのチームのように打線もつながりだします。

三森を2番に置くと、柳田の前で打線が切れてしまうのことがいただけないのですが、今日の勝ちはそういう粗をすべてを打ち消してしまう。

まさか楽天相手に裏ローテで3連勝するとは・・

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました