NHK パ・リーグ監督座談会の工藤監督

ホークス

6人の監督がテレビ会議で一同に。

各監督にどこのチームが手強いかと聞くと、

工藤監督は無難な答え。

これって、どこが強いかという問題よりも、自チームの選手がどれだけやれるかだけが大事であって

相手がなどうのこうのいうほどの戦力差ではない自信なのかなと逆に感じました。

西武は、ホークスと楽天が手強いと回答。

去年の西武は、浅村にやられなくってたから、ここを集中して対応すれば、勝敗の結果がきっちり改善しそう。

選手個人対策は取りやすいから、西武の改善策は成果が出やすいものなのかもしれない。

また辻監督は、ホークスのことを、

「選手層が厚い。」
「次々(新しい戦力が)出てくる」

と評していました。

こちらから見ると、西武もそうなんですけど。

高橋光あたりの若いピッチャーが何人大成するかどうかですね。西部は。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }