実践どおりの継投で試される津森

ホークス

津森が、開幕1軍への階段を上がり続けている。

昨日の試合、嘉弥真のワンポイント登板の後を受けたマウンド。

左そして右変則型に投手を並べて起用し、中盤の踏ん張りどころで結果を出せるか試していた。

より実践的な使われ方をしていて、1軍で起用するが決まっているかのよう。

工藤監督は、「打者とちゃんと勝負していることが、いい結果に結びついている。」と語っていて、

監督がいつも言っている、”勝負できているか”という点で評価されているのが大きいと思う。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }