プロ野球16球団構想 今こそ真剣議論のとき

ホークス
スポンサーリンク

王会長が盛んに意見している「プロ野球16球団化構想」。

賛否両論あるでしょうが、プロ野球界の発展そして地方創世のために、真剣な議論が必要な時期だと思います。

・楽天は賛成派。

国民と地域を喜ばせることは賛成。

縮小することで発展はしない。

分配ドラフトなどルールを整備すれば、手を上げる企業はある。

・中日は反対派。

各チーム経営は大変な状況。

球団数を増やすことでレベルダウンがある。

—–

日本は人口減進み、特に地方の過疎化は深刻な問題となっています。

いろいろな地方創世の策はあるでしょうけど、プロ野球球団の開設ほど劇的な策は無いように思えるのです。

確かに、選手層の問題はありますが、地方に進出して、球団経営を黒字化させた事例は、

ダイエー(ソフトバンク)、日ハム、楽天など増えてきています。

無理のない経営で、チーム戦略を持って戦えば、戦力の均等化はそのうち果たせるのではないでしょうか。

そのためには、分配ドラフトなど多少身を削る策を受け入れる姿勢が、既存球団にも必要です。

東西セパの4つのリーグに分け、CSを戦うレギュレーションにすれば、すっきりとしたポストシーズンのルールを確立できます。

実際に、NPBへ参加することを打診した企業があると聞いています。

今こそ、球界全体の益を考えた議論が必要なのではないでしょうか。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました