スポーツビジネスの拡大を目指して

アビスパ
スポンサーリンク

私は、スポーツ観戦が大好きです。

映画やドラマもおもしろいですけど、スポーツ独特の「筋書きのないドラマ」に興奮しますし、大好きなふるさとのチームを応援することで、わが街を愛する「仲間意識」を感じるところに おもしろみを感じます。

そんなスポーツビジネスがもっと大きくなり、街の発展につながればいいなと常々感じているところですが、

実際にスポーツ産業はあらゆる分野で拡大が進むという見込みもあり、この流れに乗って地域の発展が進むことを期待しています。

活性化への主な施策 2020年 2025年
スタジアムを核とした街づくり 2.1 3
アマチュアスポーツ市場の活性化 0.1
プロスポーツの観光集積拡大 0.3 0.7
スポーツツーリズムの拡大 1.4 3.7
施設やサービスでのIoT拡大 0.5
スポーツ用品販売 1.7 2.9

(単位:兆円) (参考:雑誌 ウェッジ)

ソフトバンクなりアパマングループなりが、広告効果をいかんなく地域で発揮し、

その知名度を上げていくのと同時に、町の人々がチームやクラブを愛する活動を通して、その存在価値を高め、

互いに大きくなっていく関係を作ることができればと思います。

そのために、まずは球場/スタジアムに足を運ぶこと。

そして、一喜一憂できる大きなコミュニティを街中に作っていくことが大事だと思います。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました