アビスパ福岡 フォーメーションとスタメンの推移 のページを更新

アビスパ

アビスパ福岡 フォーメーションとスタメンの推移 のページを更新しました。

ペッキアが指揮をとっていた時は、4バックで試合に入っていました。

相手のパス回しを見極め、前線からプレッシャーをかけてボールを奪いに行き、素早く前にパス出すサッカーを試みます。

しかし実際は相手プレッシャーに負けてポゼッションができない試合が続いて攻守とも破綻。

久藤監督が継いだあとは、現実的な5バックを実行。

そうなると、ポジションの重心が低くなりすぎて前線のフォローが少なくなり、試合後半は逆にボランチの負担が重くなりすぎてボールを奪われるケースが増えることに。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }