アビスパ 長谷部監督を引き抜き、出直しを図る

アビスパ

ペッキアの失敗で、フロントには明確な方針があったと思う。

・日本人監督であること

・守備を立て直せる堅実派であること

・J2のサッカーを分かっていること

こういう方針であったならば、長谷部監督は、かなり有効な人選だと思う。

水戸は、彼に率いられて最高順位まで持っていけたし、実績も十分だ。

というか、水戸からの完全な引き抜きを実現してくれたフロントは、ファインプレーだと思う。

さらに、強化部長も柳田氏へ交代。

鈴木氏もそれなりの選手を連れてきてたけど、社長の言う「大改革」の中では、強化責任者の交代は必須だと思う。

アビスパ福岡ブログランキングで、他のアビスパブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }