世界一のセットアップを支えたルーキー甲斐野

ホークス

決勝戦の先発が山口かと、少し人材不足を気にしながら観戦を始め、

初回からあの乱調ぶりを見せられたらときには、どうなることかと思いましたが、

高橋礼が見事に、試合の流れを引き戻してくれました。

大会を通して目立ったのは、日本の7回からの鉄壁のリリーフ陣。

今日も甲斐野は無失点で締め、大会で投げた5試合で被安打無し!

素晴らしかったと思います。

松田は、さすがに疲れが出てしまったようですが、ホークスの選手はみんな大活躍。

本当にお疲れ様でした。

甲斐野はゆっくり肩を休めて、来シーズンに備えて欲しい。

ソフトバンクホークスブログランキングで、他のホークスブログもチェック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
.under {  background: linear-gradient(transparent 50%, yellow 50%); }